Category

有害物質含有でもしっかり対応できる解体工事

拠点を足利市に置き、栃木県や群馬県といった幅広いエリアからの解体工事のご依頼を承っております。解体工事では、主に築年数の古い建築物に使用されたケースが多い、有害物質の含有した建材に遭遇することがあります。もちろん、撤去を行う場合は事前に自治体へ届け出ていただく必要がありますが、こうした専門性の高い建材の撤去にも対応できるノウハウを獲得しております。

「有害物質を含んだ建材を撤去してほしい」「以前調査してもらったらアスベストが出てきて、別のところに依頼してほしいと言われてしまった」など、解体工事に関するお悩みを解決に導くべく、足利市にて解体工事業に携わっております。「所有する建築物に有害物質が含まれている」とわかったお客様の不安をお引き受けし、適切な対処で安全性を保ちながら撤去いたします。また、業界歴約20年のベテランスタッフも在籍しておりますので、近隣住民の方々へのご挨拶を含め、様々な対応でお客様をサポートできます。

もちろん、安全面に関わるケースのため、できる限り早期の撤去が望まれますが、撤去費用も高額でなかなか難しいのが現状です。そこで、廃材処分費や車両のリース費用などを徹底的に見直してコストカットいたしました。さらに、現場の規模によっては大型の運搬車両を使用することで、施工効率を向上させ、人件費の大幅な削減を実現しております。